看護師がフィットネスをする理由

患者の命に関わる仕事をしている看護師は、日ごろミスがないように完璧に仕事をこなしているイメージが強いですが、仕事が終わればプライベートを楽しむ一人の女性です。看護業務は身体を使う上に多忙なので、仕事の後は休養にあてる人もいますが、逆に趣味やレジャーでアクティブに活動する人も意外に多く見受けられます。

看護師に人気の趣味の一つにフィットネスが挙げられます。理由は日ごろの健康管理に最適だからです。看護師の仕事は立ち仕事に加え、患者のケアで頻繁に身体を使いますが、前かがみの姿勢が多いため、使う筋肉が偏ります。しかし、同じ筋肉ばかりを酷使していると、肩コリや腰痛になる恐れがあるので、全身の筋肉を使ってしなやかで強い身体を作ることは重要です。それに加えて看護師の制服は身体のラインが分かりやすいため、少し太っただけでも気になりやすいものです。そこで、フィットネスでカロリーを消費してダイエットをする事で、制服をすっきりと着こなしたいと思うのだそうです。

更に常に気を張って働いている看護師は、仕事中に交感神経を使うため、意識して副交感神経を活性化させる必要があるのです。リラックス方法には入浴やアロマ等もありますが、フィットネスで有酸素運動をするのも良い方法なのです。特に夜勤明けでこれから眠るという前に、少しでも有酸素運動をしておくと、副交感神経が活性化し、ほど良い疲れでぐっすりと眠る事が出来ます。質の良い睡眠は成長ホルモンを分泌して身体の細胞を補修してくれるので、健康維持には打ってつけです。上記以外にも、フットネスには健康や美容効果などさまざまな効果が得られます。自分に合ったフィットネスができる場所や方法を探して、若々しい看護師を目指す術も探ってみてはいかがでしょうか。